副理事長所信

写真


副理事長

高宮 華

所信

 令和という新しい時代を迎え、これまでどおりの生活が持続可能で新しい夢や希望をもてる地域社会の再建が望まれています。一般社団法人伊賀青年会議所は先輩諸兄姉が長年に渡り、明るい豊かな伊賀を目指した活動の礎を残してくださったことに深く感謝し、その活動の本質を理解し未来に向けて発展させることが必要です。
 まずは、本年度スローガン「不易流行 ~物事の本質を見極めよう~」を実行していくために、事務局と連携し私達JAYCEEが先輩諸兄姉の活動の歴史や伊賀の魅力に今一度目を向け、活動の意味に理解を深めることで、一人ひとりの活動への意識が高まり、一致団結し、それを地域に向けた志の高いJC運動につなげます。
 そして、伊賀JC委員会の担当理事として、本年度委員長の想いと委員会メンバー全員の想いがしっかり一つに結ばれた事業を実施できるように、一人ひとりへの理解を深め、実り多き会議を目指します。事業としましては、まずは、伊賀市長選挙における公開討論会では、自らの考えで判断することで伊賀に住み暮らす主権者としての自覚を高めます。そして、SDGs(ゴール11)に関する防災事業では、60周年事業をブラッシュアップし災害に強い地域づくりを発信することで、安全で暮らしやすく誰一人取り残さない伊賀の未来を目指すとともに、本年度のそれぞれの事業にもSDGsを紐づけ、地域の声に傾聴したJC運動を展開します。また、継続事業として、昨年ご好評をいただいた青少年育成事業を開催し、沢山の子供たちの嬉しそうな顔がとても印象的で地域に喜ばれる事業を、さらに良いものに出来るように子供たちの声と私たちの想いを合わせ実施します。さらに、本年度とうかい号乗船者に船上にて全力を出し切っていただくために、不安な気持ちを少しでも軽く出来るように壮行会を設営し、乗船者の経験を共有できるように帰国報告会を行い皆の成長につなげます。
 結びとなりますが、本年度スローガンを胸に、事業を通じて伊賀に住み暮らす一人ひとりのシビックプライドの醸成を促すことで、創立60周年宣言にありますダイバーシティの実現につなげていけるように、一生懸命この職を務めて参ります。若輩者ではありますが、先輩諸兄姉・関係各位のご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

注釈

  • JAYCEE:青年会議所に所属するメンバー個人

戻る

このページの先頭へ